賃貸不動産営業向上委員会

賃貸不動産営業はマニュアル化できる!業界歴20年トップの秘密。

過去最多!2019賃貸不動産経営管理士の受験者数と合格予想点とは?

f:id:fudousanchintaikojyo:20191119200625j:plain


2019年の賃貸不動産経営管理士の試験が終わりましたね。
受験されたみなさん、どうもお疲れ様でした。

今年の受験の結果は以下の通りのです。

(一社)賃貸不動産経営管理士協議会(会長:原嶋和利氏、(公社)全日本不動産協会理事長)は17日、令和元年度「賃貸不動産経営管理士」資格全国統一試験を、全国17地域64会場で実施。受験者数は過去最多の2万3,605名(前年度比5,116名増)、受験率は94%だった。

 同協議会は、受験者増加の要因を「本年度より試験地域を11地域から17地域に拡大したことによる受験の利便性が向上したこと」「令和2年度試験から問題数を40問から50問、試験時間を90分から120分に変更することによる試験の難化等が予想されること」としている。また、賃貸住宅管理業者登録制度において、賃貸不動産経営管理士に一定の役割が付与されており、社会的重要性が一層高まっていることも受験希望者増加の要因に挙げた。

 合格発表は、2020年1月10日。同協議会ホームページにて合格者の受験番号を公開する。


解答速報や合格予想点も色々なところから出ていますが、今年はかなりバラつきがありますね。

24点~29点と幅があります。

一体、2019年度の賃貸不動産経営管理士の合格点は何点になるのでしょうか?

私の回りで受験された方の点数を聞いて回りました。
それぞれの知識や勉強時間も見てきた上で「この人なら合格するだろうな。」と思っていた方は27点以上の結果が出ていました。
なので、私は27点かなー?と勝手に思っています。

でも、まだわかりませんよ。
何にせよ、試験はもう終わったわけで結果を変えることはできません。

ここは静かに結果を待ちましょう!