賃貸不動産営業向上委員会

賃貸不動産営業はマニュアル化できる!業界歴20年トップの秘密。

繁忙期の営業マンの1日の流れと売上アップのコツ

f:id:fudousanchintaikojyo:20191002124856j:plain

賃貸営業の世界では、繁忙期と閑散期があります。

繁忙期は、それはもうすごい忙しさで大変です。

どのように繁忙期を乗り越えればよいのでしょうか?また、効率的な売上アップのコツは何か?私の経験をもとにお話しさせていただきます。

 

賃貸営業の繁忙期とは?

 

賃貸仲介の繁忙期は1月中旬から3月末までです。

この約3か月間で年間の半分の売り上げを残すことを目標にするとよいです。

  • 年間1500万円の目標なら1~3月で750万円の売上目標
  • 年間2000万円の目標なら1~3月で1000万円の売上目標
  • 年間3000万円の目標なら1~3月で1500万円の売上目標

どうですか?達成できそうですか?

 

戦いは始まっている!

 

お客様の来店が増えてくるのは1月中旬からですが、戦いは12月から始まっています。

というのは、お客様は来店する2週間~1ケ月前にネット上で物件を見まくっています。

12月になると翌年春のお客様からの反響が増えてきます。

この段階で、お客様をしっかりとキャッチしておき、年明けの来店予定を組んでおきます。

 

繁忙期の営業マンの1日

 

繁忙期(引っ越しシーズン)

8:30 出勤 店内・店外清掃

9:00 朝礼 メールチェック 管理会社の空室一覧チェック

   空室になった物件のインターネット入力のための室内写真撮りなどの準備

10:00 来店予定1組目

    事前にお問い合わせのあったお客様は朝市で来店予定を組んでおく。

12:30 昼食を手早く済ませる。

13:00 飛び込み来店1組目 応対~クロージングまで2時間で済ませる。

15:30 来店予定2組目

    申し込みを頂き審査に回す。重説まで済ませることを目標にする。

17:00 飛び込み来店2組目

    明るいうちに案内に出て、入居申込書をいただき仮押さえする。

18:30 明日の来店予定のお客様に前確の連絡を入れる。

19:00 メール反響のお客様に追客メールを送信。

    本日空き情報を得た物件のネット入力。

19:30 契約が取れたお客様の契約書類作成・発送業務

20:00 明日の準備ができていることを確認して帰社

 

まとめ

 

繁忙期は、いかに来店予定を多く組めるかが勝負のカギになってきます。

売上重視で、どんどん追客をしてアポイントを取るのが重要です。

また、毎日のインターネット入力で物件情報のメンテナンスをすることが集客の柱となってきますので、この作業もおろそかにできません。

1年で最も契約がとりやすい時期になるので、じゃんじゃん接客・応対をして契約数を稼ぎましょう!

 

私がバイブルにしている本

営業の魔法

営業の魔法