賃貸不動産営業向上委員会

賃貸不動産営業はマニュアル化できる!業界歴20年トップの秘密。

能力開発・社員育成の方法には何があるか?

f:id:fudousanchintaikojyo:20191002144008j:plain

企業における能力開発の方法は、

「OJT(職場内教育)」

「OFF-JT(職場外教育)」

「自己啓発」

の三つに分けられます。

企業の人材育成においては、この三つを育成計画全体の中に有機的に位置づけ、体系立てて行う必要があります。

 

OJTとは?

 

上司(先輩社員)が仕事を通じて行う、計画的、継続的な教育方法

OJTは職場の上司(先輩社員)が部下の職務に必要な能力・スキル・知識の向上を目的として、実際の職場での仕事を通じて、計画的かつ継続的に行われるものです。時間をかけて行うので、部下の育成には最適な教育方法といえます。OJTには、以下のような特徴があります。

 

OJTの特徴

 

仕事に直接必要な教育を効率よく実施できる。

仕事に必要な実践的知識・スキルの習得に適している。

職場での仕事を通じて教育するので、機会も多く、時間的に無理なくできる。

教えられる側の状況に沿って個別に行われる。

教えられる側の能力や個性に応じて個別に行われるので、教育的効果が上げられやすい。

日常の仕事を通じて、継続的に実施できる。

仕事の割り当てや日々の業務指導を通じて、絶えず教育を行うことができる。

上司(先輩社員)の仕事の進め方が部下に直接的に伝わり、大きな影響力を持つことになる。

 

 

OFF-JT(集合研修)とは?

 

体系的な知識などを学ぶために、日常業務から離れた場で集合研修を行うことをいいます。

日常的に著効面する仕事や課題への対応を学ぶのがOJTであるのに対し、日常業務から離れた場で体系的な知識などを学ぶのがOFF-JT(集合研修)です。OFF-JTには以下のような特徴があります。

 

OFF-JTの特徴

 

各階層・部門に共通して必要な基本事項を教えることができる。

日常業務に忙しい上司(先輩社員)に代わり、各階層や部門に共通で求められる基本事項(知識)について、専門の講師から効率よく学ぶことができる。

最新の知識・技術などを学ぶことができる。

社内の上司(先輩社員)が教えることのできない新たな経営や技術動向など、最新の知識・技術などをまとまって学習することができる。

経営マネジメントに関する体系的な知識を学ぶことができる。

職場では直面する業務課題に対応を追われがちである。職場から離れ、経営に必要となるマネジメントの理論を定型的に学ぶことによって、仕事を全社的な視点から見直すことができ、自分の職務の位置付けを明確に理解することができる。

相互学習により、多面的な学びができる。

異なる部門の人間が集まることにより、自分とは違う考え方や取り組み方、アプローチの仕方が学べる。

相互に意見交換をし、思考方法の幅を広げ、多面的なものの見方を養成することができる。

 

 

自己啓発とは?

 

OJT、OFF-JTを補完し、計画的・継続的に能力開発を行うのが自己啓発です。

 

厳しい経営環境の中にあって、企業はみずから必要なものを求め、選択し、行動する自律的な人材を求めています。企業も自己啓発の機会や情報を提供し、その中から必要な学習方法を選択することを支援する方向に能力開発のスタンスを取っています。自己啓発には、以下のような形式があります。

 

自己啓発の例

 

通信教育講座(eラーニング)

公的資格取得講座

ビジネススクールなどの学習

社外セミナーや講座

推薦図書や視聴覚教材

自主勉強会

 

 

www.fudousanchintaikojyo.work

 

まとめ

 

OJTは教育する上司・先輩社員の経験や知識・スキルを超えて指導することが難しいと言われています。

OFF-JTは一過性になりやすく、実際の職場に活用しにくいという問題があります。

それらを補完し、自ら目標設定を行い、計画的に継続して能力開発できる手段が自己啓発と言えるでしょう。