賃貸不動産営業向上委員会

賃貸不動産営業はマニュアル化できる!業界歴20年トップの秘密。

賃貸を契約する際の決済金・契約金について、新人営業にもわかりやすく説明してみる

f:id:fudousanchintaikojyo:20190822160526j:image


入居審査が通ったら、お客様に対して決済金の請求を行います。

 

決済金の内訳には下記のようなものがあります。

様々な項目の費用をまとめて仲介会社へ支払っていただきますが、すべてが仲介会社の収入になるわけではありません。

基本的に仲介会社の収入となるのは仲介手数料のみで、その他は仲介会社を経由して貸主や各業者へと渡ります。

 

経理上、仲介会社が受け取る売上と、仲介会社を経由して貸主や先方管理会社へと渡る預り金とを把握しておく必要があります。

 

貸主へ納めるもの(預り金)

敷金

礼金

賃貸

共益費

駐車場賃料

これらは契約上、貸主の預り・収入となります。仲介会社を経由して貸主や先方管理会社が受け取ります。

 

仲介会社へ納めるもの

仲介手数料

駐車場の仲介手数料

これらは契約を成立させた成功報酬として借主から仲介会社に支払われるものです。仲介会社の売上(収入)となります。

 

物件によって、貸主か仲介会社か納め先が変わるもの

火災保険料

消毒料

安心サポート費用

鍵交換費用

(自社管理・専任・家主直物件の場合)

借主から支払っていただいた金額を一旦仲介会社にて受け取ります。そして、その後、仲介会社から各業者(保険会社・消毒施工業者・安心サポート運営会社・鍵交換施工業者)などに支払われます。

(他社管理物件 )

借主から支払っていただいた金額を一旦、仲介会社にて受け取ります。そして、その後、仲介会社から先方管理会社へと一括して支払います。各業者(保険会社・消毒施工業者・安心サポート運営会社・鍵交換施工業者)には先方管理会社から支払われます。

 

 

決済金の請求書は担当営業マンが作成することが多いです。

自社管理の場合は規程に添って作成し、他社が管理しているものは先方管理会社からの請求書に当社請求分(仲介手数料など)を上乗せして作成します。

 

お金に関することなので間違えると大きなトラブルに発展するケースもあります。

新人の方は上席の方に確認してもらってから、お客様にお渡しするようにして下さい。