賃貸不動産営業向上委員会

賃貸不動産営業はマニュアル化できる!業界歴20年トップの秘密。

相続財産に賃貸不動産がある場合の遺産分割協議の注意点について


f:id:fudousanchintaikojyo:20190811172123j:image

被相続人の遺産の中で他人に賃貸しているような不動産がある場合、当該不動産の賃貸借契約の中で「賃貸借契約終了(明渡し)時に敷金を賃借人に返還する」という合意がなされていることがあります。

 

そのため、当該相続人は将来賃貸借契約が終了し、賃借人が当該不動産を明け渡した際には賃借人に対して敷金を返還する義務を負うことになります。

 

 

地主・大家の相続対策の本質 「知らなかった」ではすまされない

地主・大家の相続対策の本質 「知らなかった」ではすまされない

 

 

被相続人が生前に賃借人から受領していた敷金の金額ご高額な場合もありますので、賃貸不動産についての遺産分割協議を行う際は、敷金の有無やその金額を踏まえた上で賃貸不動産をどの相続人が取得するのかを慎重に検討しましょう。