賃貸不動産営業向上委員会

賃貸不動産営業はマニュアル化できる!業界歴20年トップの秘密。

チーム制か専任担当制か?

f:id:fudousanchintaikojyo:20190705164817j:plain
チーム制か専任担当制か?


不動産賃貸仲介営業のお仕事には大きく分けて2種類のやり方があります。

就職する会社によって方針が異なります。

専任担当制


お問合わせ→接客→案内→契約締結→引き渡しまで

1組のお客様を最初から最後まで、1人の担当が対応します。


お客様にとっては、一人の担当者が最後まで付き添ってくれるので、

お部屋探しの流れや希望条件も良く把握しており、話が繋がりやすく助かります。

しかし、担当者とお客様の相性が悪かったら最悪です。

メリット

・自分の采配で予定を決めることができるため、時間の自由度が大きい。

・自分に合ったペースで進められる。

・他の人に足を引っ張られることなく、自分の成果をダイレクトに評価される。

・契約に至った時の喜びが大きい。お客様から直接感謝していただけるので、やりがいが大きい。

 

デメリット

・成果が出ない場合の責任が大きい。

・アポからクロージングまで1人でこなさなければいけない。

・タスクが多く、繁忙期はパンクしがち。

・お客様の予定に自分が合わせないといけないので、夜遅くなったり休日出勤の負担が増える。

www.fudousanchintaikojyo.work

チーム制


事務手続きはAさん  接客はBさん  案内はCさん

業務によって担当が変わり、チームで接客します。


それぞれが自分の業務を責任を持って完遂するので、

処理の遅れや漏れが起こりにくいシステムです。

ただ、担当者間の引継ぎがうまく行われないことがあり、

前に別の人にも伝えたんだけど・・・となりがちです。

メリット

・失敗をフォローしてもらえるので安心感がある。

・お互いの得意分野を活用することでシナジーが生まれる。

・チーム一丸となることによる雰囲気づくり。

デメリット

・他者の失敗を尻拭いすることもある。

・1人でやるよりも自由度が低い。

・コミュニケーション不足によるトラブルが生じる可能性がある。

www.fudousanchintaikojyo.work

まとめ

最近の傾向としては、チーム制の不動産会社が増えてきています。
チーム制は超大手の不動産会社や法人専門の仲介会社に多い制度でしたが、
働き方改革が進み、契約内容や顧客の営業状況進捗の共有ができる管理システムが普及し、
今では賃貸仲介専門店でも増えてきています。

それぞれのメリット・デメリットをよく理解して、お客様に最善のお部屋探しのお手伝いができるようにすることが大切です。

営業の問題地図 ~「で、どこから変える?」いつまで経っても成長しない営業マンと営業チーム

営業の問題地図 ~「で、どこから変える?」いつまで経っても成長しない営業マンと営業チーム

3日で変わるディズニー流の育て方

3日で変わるディズニー流の育て方

売れる営業チームに育てる「シクミ」×「シカケ」

売れる営業チームに育てる「シクミ」×「シカケ」